活動のご紹介

転落事故に胸を痛めて、多くの方がご協力下さっています。その活動の一端をご紹介します。

テレビに映った、参議院予算委員会の生中継の様子。当会が制作した、声掛けのチラシを拡大して印刷したパネルが、国会議員に示され、テレビにも大きく映っています。

中高校生の人権教材に採用

京都府の人権学習資料集に、駅ホームでの視覚障害者への声かけがとりあげられ、当会のイラストをご活用いただきました。(2018年に中学校編、2019年に高等学校編)

クリアファイルに!

香川県視覚障害者と香川県視覚障害者福祉センターが当会のイラストを使ってクリアファイルを作成し、配布して下さっています。長く使っていただけますね。(2019年3月)

 

全盲のシンガー栗山龍太さんも

全盲のシンガー、栗山龍太さん。パラアスリートの応援歌「リアル・ビクトリー」で注目を集めて、全国あちこちから講演や演奏などに引っ張りだこです。その栗山さんにも、ポストカード配布活動にご協力いただき、行く先々に持って行って下さっています。(画像は仙台での講演)
「リアル・ビクトリー」とても爽やかな楽曲で、合唱曲にも編曲され、地域の小学校などでも歌われ始めています!!
 


盲学校訪問の大学生の皆さん

2019年5月、植草大学・植草短期大学の学生さんと先生が、千葉盲学校を訪問。視覚障害教育について学びました。歩行訓練士の方から、転落事故のお話もありました。どの学生さんも熱心に話に聞き入って下さったとのこと。皆さまのお近くの場所で、ポスター掲示のご協力をいただけるとのこと。ありがとうございます。

点字ブロックの日に配布活動

2019年3月18日、点字ブロックの日。群馬県立盲学校の生徒さんや保護者、教員の皆さまが、JR前橋駅にて、「点字ブロックの上に物を置かないで」というティッシュと一緒に、当会の作ったポストカード500枚をお配り下さいました。ポストカードはチラシよりコンパクトで、手渡ししやすく、受け取って下さる方も多かったとのことです。その様子が、この日のNHK関東ローカルニュースで何度か放送され、ポストカードもテレビに映りました。

滋賀盲学校でも啓発活動

滋賀県立盲学校でも、点字ブロック理解促進活動の際、当会の作ったチラシを入れたティッシュを配布して下さいました。児童生徒、保護者、教職員36名、視覚障害者センター職員の方、そして彦根キャラクターひこにゃんも協力して、配布。ラベルには点字で「ありがとう」の文字、高等部生徒が折った花も添えました。「おねがいします」の声と共に、ティッシュをわたすと、「ありがとう」と笑顔をかえしてもらえたそうです。(2019年3月20日実施)



テレビに映った、参議院予算委員会の生中継の様子。当会が制作した、声掛けのチラシを拡大して印刷したパネルが、国会議員に示され、テレビにも大きく映っています。

国会で

2017年11月、参議院予算委員会にて、参議院の薬師寺みちよ議員が、当会のポスターを用いて、ホーム転落問題を取り上げて下さり、NHKで全国に生中継されました。

当会作成のチラシを横において、体育会で体育座りして、盲導犬の啓発についての話を聞いている中学生たち。

学校の講演で

校での講演で配って下さっている方、多数おいでです。学校現場での配布枚数は現在10万枚ほどに達しています。

掲載ページの画像

印刷物へのご掲載

兵庫盲導犬協会の「ワンダフル通信第85号」にてご活用いただきました。