声掛けのポイント

1・ホームの端で線路の方向に歩いています

 

ポイント1)

「盲導犬の人!」とか「白杖(はくじょうor白い杖)の人!」など、誰に向かって言っているのか、はっきりわかるように声をかけましょう。ただ「危ない」と言われても、自分に言われているとは思わないからです。

 

ポイント2)

「止まって!」と声をかけて下さい。「下がって」と言われても、ホームの端で、左右の関係を勘違いしている場合、逆に落ちてしまうことも考えられます。

駅のホームで、あと2~3歩進んだらホームから落ちそうな、盲導犬を連れた男性の姿。その男性に向かって、女性が「盲導犬の人、とまって!あぶない!」と声をかけているイラストです。その下には「危険を感じたら、迷わず呼びかけて下さい」と書かれています。
1)ホームの端の盲導犬の男性に、後ろから声をかける女性

2・腕や肩をつかむのは、事故になる直前のみ!

ポイント1)

つかむのは、あくまで「命の危険のある緊急時」のみです。

そうでない場面で、いきなり腕や肩をつかまれたら、相手はむしろ驚き、恐怖を感じます。親切のつもりがかえって迷惑になってしまいます。


ポイント2)

本当に危ない時は、ためわらずに腕をつかんで下さい!
実際、そのおかげでホームから落ちずにすんだという人は多いのです。

ホームで落ちかけている(という想定の)白杖を持った女性の右手を、男性がつかみ「とまって!あぶない!」と言っています。その下に「事故になる直前の緊急時のみ、腕をつかんでもかまいません」と書いてあります。
2)事故になる直前の女性の腕をつかむ男性

3・「何かお手伝いしましょうか?」を基本に。

 

「お困りですか?」と聞かれると、道に迷ったりしていない限りは「いえ、大丈夫です」と答えるものです。

「どこに行きますか?」と聞かれるのも、あまりいい気持ちはしません。

 

でも、

「何かお手伝いしましょうか」なら、

視覚障害者「じゃあお願いしてもいいですか?」

あなた「どうしましょうか?」

視覚障害者「はい。改札まで案内していただけますか」

など、

気持ちの良いコミュニケーションができます。

せっかくの親切心が、言葉の使い方でがっかりなんてことにならないようにしたいものです。

 

申し出を断られたら・・・
少し距離をおいて見守って下さい。

見守るのも、とても大切な配慮です。

白杖で歩いている女性に、男性が斜め後ろから「何かお手伝いしましょうか?」と声をかけています。「命の危険がある時以外は、何かお手伝いしましょうかと声をかけて下さいね。いきなり腕や杖をつかまないようにお願いします」と説明が書かれています。
3)白杖で歩く女性に「何かお手伝いしましょうか?」と声をかける男性

イラスト:小針 彩